世界一高さ33メートル純金大観音

「南無開運寶珠大観世音菩薩」と一心称名し観音様の周囲を一巡すると、十徳の利生があり、三度巡ると観音さまが影身と添ってその人を守護し、悪事災難の身代わりをされ、貧者には福を授け、病気の者は健康にし、子供のない者には子供を授け、運を開き、福を授けて下さる救世大慈悲の有難い観音さまです。

御本尊

百八躰の観音さま

大観音像の周囲を高さ1メートル50センチの百八躰の観音さまがぐるりをかこまれています。これは人間の百八の煩悩をとりはらうお働きを示されております。

御本尊

水子三観音

大観音寺では水子供養霊場(観音殿)に併設して、わが国最大の水子三観音を安置し、昭和57年より現在に至るまで、全国よりご縁を頂き8万件以上の水子供養を行っております。 「慈母水子観音」「聖水子観音」「大慈水子観音」三力結集で必ず水子を救い、すこやかに育ててくださいます。

水子供養

仏手

この仏手の印相は、相手の願いを聞き入れようという深い慈悲心を表した与願印で、指には五智如来(大日如来、阿閦如来、宝生如来、阿弥陀如来、不空成就如来)と吉祥を表す卍が施され、手の中心には、煩悩を滅ぼし、菩提心を表す金剛杵が表現されています。

霊場巡り

四国八十八ヶ所お砂踏霊場

弘法大師ゆかりの四国八十八ヶ所の寺院の御砂と本尊をおまつりした霊場。体力的、時間的に余裕のない方のために、一箇所で同じご利益のある霊場をと考えられ、建立されました。

霊場巡り

神獣白澤

ガン封じの神様で、白澤(はくたく)とは中国に伝わる伝説の神獣です。 牛のような体、人の顔に羊のあご髭、目は9つ、角が6本とされ、病魔を防ぐと信じられていたため、身近に白澤に関するものを置く者が多くいました。

霊場巡り

萬倍釜

弘法大師が炊いたお米が一万倍になり、飢えで苦しむ多くの庶民を救ったといわれる「一粒一万倍の釜」の伝説にあやかって、飢えに苦しまぬよう、金運に恵まれるよう願いをこめて造られました。大きさは世界最大の釜です。

霊場巡り

観音霊泉

大観音さまの台座直下100メートルの泉源から自噴した霊水です。健康と美容に、長寿や治病に、また、賢くなる智恵の水、長生きできる長命の水、安産できる子授りの水としても有りがたがられている命水です。

霊場巡り

お宝蛙

無事かえると言う縁起から多くの神社、寺院におまつりされている蛙。当寺のお宝蛙は小さなお子さんにとっては、怖い暗いと言うお寺のイメージを払拭するため、愛嬌のある蛙のオーケストラで表現し、ご参拝の皆様をむかえる人気スポットとなっています。

霊場巡り